院長:菊川政男  TEL:0744−23−0202




メタボリックシンドローム(症候群)って何?
 肥満に加えて、高血圧、高血糖、脂質異常症(高LDLコレステロール、高中性脂肪、低HDLコレステロール等)を複数併せ持った状態のことです。
 自覚症状はありませんが、心臓病や脳卒中の原因となる動脈硬化を飛躍的に促進させてしまいます。

 腹囲(お臍の高さで測る)が男性で85cm以上、女性で90cm以上でかつ 
次のうち、2つ以上当てはまる項目がある。
 ゞ腹時血糖110mg/dl以上
 ⊆縮期(最大)血圧130mmHg以上 叉は 拡張期(最小)血圧85mmHg以上
 C羸脂肪値150mg/dl以上 叉は HDLコレステロール値40mg/dl未満



在宅医療に対するモットーと実践内容は?
 〔世襪機⊃得據▲曄璽爛疋ターとしての自覚。
◆〆濛隶緡鼎妨造蕕覆い、ある患者さんにとって、その時行っている私達の医療 が適切であるか、つまり患者を長く持ちすぎていないかどうか、紹介のタイミングを逸していないかを常にチェックすること。
 橿原地区及び近郊に医療、保健、福祉に関してどのようなサービスメニューがあるかを常に把握すること。



生活習慣病に罹らないための基礎的な条件を3つ挙げるとすれば?
〇を大切にすること
  年をとっても硬い食べ物が噛めないと、どうしても栄養が偏りがちです。
歯の主治医(歯医者)を持ちましょう。
膝を大切に
  日常診療をしていて50歳以上の肥満(閉経)女性は、膝の持病を持っている人が非常に多いと感じます。膝が痛いと散歩が充分に出来ず、肉体的にも精神的にもバランスを崩すきっかけになります。
タバコを吸わないこと
  私はH11年に禁煙しました。私が出来たのだから、たいていの人が実践できると思います。禁煙のお手伝いをさせて頂きます。



糖尿病等の生活習慣病の予防に対する注意は?
 生活習慣病全般に云える事ですが、
太らないこと、散歩すること及び食事に気をつけることです。
つまり、野菜、海草、大豆、きのこ類、魚、果物等の食事を中心に、低塩の食べ物を食べ過ぎないよう気をつけて、1日3食のバランスを考え摂取することです。


橿原市 医療法人 菊川医院(内科、外科、消化器科、理学診療科、胃腸科、在宅医療、訪問診療、人間ドック等)
奈良県橿原市上品寺町380−22 TEL:0744−23−0202